司法書士 島田雄三事務所
不動産登記・商業登記・裁判手続・多重債務・ADR等お気軽にご相談ください。
<平日9:00〜17:00>    078-576-6356
司法書士業35年 神戸市兵庫区の地に根をおろし、実績と信頼をもってあなたのお悩み解決のお手伝いをいたします。 司法書士 島田雄三
ごあいさつ お知らせ 業務内容ご案内 事務所・スタッフ紹介 リンク集 ご相談・お問い合わせ
司法書士同友会ひこばえホームページ
 
事務所ご案内
 

司法書士 島田雄三事務所
〒652-0802
神戸市兵庫区水木通6丁目2番11号
TEL 078-576-6350/FAX 078-576-6351

メール相談はこちら

【アクセス】
・ 神戸高速大開駅より徒歩3分
・ 市営地下鉄上沢駅より徒歩5分
・ JR兵庫駅より徒歩7分

  地図
 
地図を拡大する
 
島田雄三の思い
 
 今日は一転、暑い夏。昔の顔はみな不思議。年輪刻んだその顔に、思わず笑みが浮かんだら。そうだ、確かにあの顔だ。10年20年が目の前に。きれいな花が語り掛け、昔の自分が答えたら、ときの不思議が頷いた。みんなときの友達で、たわんで空を眺めたら、太陽までも、すかして見えた。誰も小さな玉手箱、大事にしまっているものが、突然そこに現れた。忘れた本に花しおり、そっと開いてみたいけど、何か指先こだわった。ときの入れ替え待っように。人の後ろで、覗き見て、あれ可愛いや不思議だな。ただ目の前は凡庸な、四角い箱がおかれてる。蓋を開けても音がない。あっけらかんの空間が、忘れていたねと、つぶやいた。だって、みんな忙しい。時間と時間の間に時間。誰かが最初のベルを押し、対応人に任せたら、コンペン糖の味がする。たっぷり入ったコーヒーが、どこかの客を待っている。ときに任せて音楽が、奏でる人の指先で、踊って見せるその不思議。君と僕が早足で、雲と走りっこしていたら、つまらぬことはやめにせと。下界の騒ぎを離れたら、月見に団子はよく似合う。道に迷った旅人が、ススキの原に分け入って、今日は荷物を草枕。笹の向こうに夜の月、人は先祖の夢を見る。のまないスコッチ染みわたり、五臓六腑を温くめたり。ひと時、自然が恋しくて、小高い森の転寝かな。ミミズの語りをしみじみと。笹を揺るがす葉音さえ、はるかな里の能舞台。地末の中幽玄に、何とはなしに、胸騒ぎ。己の陰に驚いて、あれ狸のしっぽかな。コロコロコロと転がって、100年先に届いたら、ほんに立派な贈り物。これ浦島の煙かな。持参の小箱の蓋が開き、奇怪千万大男。煙の中から立ち上がる。呪文のような声がして、金ぴか世界も仰々し。見えないものが、見えてきて。聞こえぬ声が届いたら、やれそれ怪し夢の中。飛べない空を、飛んでいる。轟音高く輝いて、緑に青がけばけばし。翼もないが飛翔して、山から里へ、空から海に、目くるめく。飛び去る景色、息をのむ。われ千年の空の旅。どこかで見たよな気はするが、見るはずのない圧巻に、それは終わりか、始まりか。真夏の夜に舌が出る。赤白黄色花畑。左の足がうずいたよ。寝返り打って、さすったら、あれ扇風器回ってる。まだ明けやらぬ、窓の外、外は雨ではなさそうだ。
2017,7,28(金曜日)
 
 
 
  個人情報の取り扱いについて
Copyright (c) 2007-2014 司法書士 島田雄三事務所 All Rights Reserved,