司法書士 島田雄三事務所
不動産登記・商業登記・裁判手続・多重債務・ADR等お気軽にご相談ください。
<平日9:00〜17:00>    078-576-6356
司法書士業35年 神戸市兵庫区の地に根をおろし、実績と信頼をもってあなたのお悩み解決のお手伝いをいたします。 司法書士 島田雄三
ごあいさつ お知らせ 業務内容ご案内 事務所・スタッフ紹介 リンク集 ご相談・お問い合わせ
司法書士同友会ひこばえホームページ
 
事務所ご案内
 

司法書士 島田雄三事務所
〒652-0802
神戸市兵庫区水木通6丁目2番11号
TEL 078-576-6350/FAX 078-576-6351

メール相談はこちら

【アクセス】
・ 神戸高速大開駅より徒歩3分
・ 市営地下鉄上沢駅より徒歩5分
・ JR兵庫駅より徒歩7分

  地図
 
地図を拡大する
 
島田雄三の思い
 
 あどけない 頬にみなぎる 闘志おば 不思議でならぬ その源が
 宝物 石くれの中 今もあり 捨てられもせず 捨てもならずに
 天の意志 脈々とし 受け継がれ 壊れたはずが 滅びもしない
 大河あり 滔々として そこにあり この地球の いくとし生ける
 9歳小学校4年生で数学検定1級を取得したお子さんが西宮市におられるという。安藤匠吾君である。その新聞の写真を見たとき、友人の安藤君を思い出した。顔立ちがよく似ているのである。しかも数学天才である。勝手に安藤和彦君のお孫さんではないかと思った。『手紙を書いてみよう』ふと思ったのであるが、名字は同じでも、確率は極めて低いのである。思いとどまることにした。思い出は思い出として、大事にしまっておこうと。5年生の安藤君は、生田中学、神戸高校、京都大学に行き、川崎重工へ行くのだと言っていた。その通りに京都大学理学部へ進学、川重に行かずに、大学に残ったようだ。30歳のころ早逝した。そのとき、理学部助教授であったようだ。彼には、一粒種の男の子がいたという。おとうさまが川重の社長職を辞退して、孫の養育に当たると宣言したのだそうだ。そのお子さんは多分40半ばであろうと思われる。そうすると、西宮は近いし、匠吾君が和彦君のお孫さんである確率はいくらかはある。とびぬけて聡明であった彼は、私の中でいつも笑顔で生き生きしているのである。毎朝、事務所へ向かうとき、会下山が目に飛び込んでくる。『安藤君が住んでいたな』と確認しているのである。何年か前、坂道の彼の家が建っていたところまで行ってみた。そこは公園の一角と化していた。しばしとどまったことがある。いつか彼と話ができる時がかならず来ると確信していた。元川重の常務をなさっていた高田さんに尋ねたことがある。そのとき、高田さんは川重子会社の社長をなさっていた。その会社の登記のことで親しくなったのである。「社長、川重に安藤和彦さんという方はおられませんでしたか?」と尋ねた。「えー、君知ってるの」と驚かれた。それで、その後の彼のことが分かったのである。子供の時の思い出は、箱に入った宝物なのである。人から見れば、ただの我楽多ばかりだろう。60年以上の年月が過ぎ去ってしまxzつた。箱もずいぶん古びたものだ。蓋を開けても、もうメロデーは流れない。『いいニュースを見せてもらったな』とどこからか声がした。そうだ、また会下山へ散歩に行こう。川重のガントリークレーンはもうなくなった。高い建物が立って、海は上部に追いやられた。でも、今もきっと望めるはずである。
 われもまた 一陣の砂 帰らざる 川のごとくに また戻りきぬ
 雨だれが 響く山里 踏みしめて 音なき音の ありか尋ぬる
 なつかしき 面影さがし しみじみと 月日の裾の 長くたなびく
 琴の音は 弾く人があり 染みわたる 未練の糸が われをいざなう
2019,12,11(水曜日)    
 
 
 
  個人情報の取り扱いについて
Copyright (c) 2007-2014 司法書士 島田雄三事務所 All Rights Reserved,