司法書士 島田雄三事務所
不動産登記・商業登記・裁判手続・多重債務・ADR等お気軽にご相談ください。
<平日9:00〜17:00>    078-576-6356
司法書士業35年 神戸市兵庫区の地に根をおろし、実績と信頼をもってあなたのお悩み解決のお手伝いをいたします。 司法書士 島田雄三
ごあいさつ お知らせ 業務内容ご案内 事務所・スタッフ紹介 リンク集 ご相談・お問い合わせ
司法書士同友会ひこばえホームページ
 
事務所ご案内
 

司法書士 島田雄三事務所
〒652-0802
神戸市兵庫区水木通6丁目2番11号
TEL 078-576-6350/FAX 078-576-6351

メール相談はこちら

【アクセス】
・ 神戸高速大開駅より徒歩3分
・ 市営地下鉄上沢駅より徒歩5分
・ JR兵庫駅より徒歩7分

  地図
 
地図を拡大する
 
島田雄三の思い
 
 金儲け ないが悪いと うそぶいて てんと恥じない 強者たちよ
 道中は 友と一緒で 楽しいが みんな離れて なにがしやわせ
 案外に 気付かぬもの わがのこと 裏で舌出す 朋輩たちよ
 鉋屑 吹けば飛ぶよな たよりなさ カツオ屑なら 重宝がられ
 人は浪花千栄子か?一生一度であるはずだ。まさか「金儲けのため」とは言わないだろうが、それが第一だろうという人もいる。「それは、生きがいのため」と答える人も、実は「自分を輝かせるため」と答える人も、人それぞれだが「目標がない。だけど死ぬわけにいかないだろう」と答える人も多いだろう。実は「幸せ探しの旅の途中だから」と答える人もいるだろう。「きっと、もっと楽しいことがあるだろう」と期待しいるとか。それはぬか喜びか?人それぞれである。少なくとも、一杯金があったら、それでよいというわけにはいかない。きっとそんな生活、必要と不要の間にあって、どちらでもよいものである。無駄は案外に広い。それが人によって違う。余裕と思う人、それこそ生きがいと答える人も、長いようで短い、短いようで長い、人生とは随分天邪鬼なものである。あると思うか?ないと思うか?人によって感じ方は違う。縁側なんて無駄と言えば、屋根の隅の鬼瓦も、門も庭も、庭木なども、冗談なんて、ただうっとおしいだけだ。笑うだけで損がいく。挨拶なんて要らない。用件だけでよければ、ジェスチャーだけでいいだろう。単刀直入の方がいくらいいか、人それぞれであろう。でも、いくらかの暇、いくらかの遠慮、いくらかの余裕、いくらかのお世辞、いくらかの気配り、それが潤滑油、ぎぐしゃくするものを救う。新聞が段々と見放されている。押し付けの善意、配慮の要求、正義の押し売りなどなど、いらぬ情報が多すぎる。生まれたときからお金持ち、大した努力をしなくても、大した工夫しなくても、誰にも感謝せずに、才能に恵まれて、一生をらくちんもあるのだ。でも人生は退場が用意されている。突然やって来て、手錠を掛けられるわけではないが、うーもすーも言い訳は通らない。閻魔大王か、イエス様かばあさんか、阿弥陀様かは知らないが、落語に出てくる地獄の婆、ローソクの火を消す意地悪ばあさん「娑婆でなにをしていた?」聞かれたら「さーて?」どう答えるか「楽ちんで暮らした」と答えれば、罰を受けるのでないか?やはり浪花千江子か?金に縁がなかったのは、とりあえず幸いだった。支離滅裂なコメントばかリ、ご免ください。
 あれはなに 尋ねる方が 分からずに 答える方は もっとわからぬ
 鬼瓦 屋根の上から 見下ろして おれが無駄とは けしからぬわい
 新聞は 果たして何か 無駄遣い たまに瀬戸物 緩衝材に
 お世辞にも 良いニュースか わからない よくも書くわい 白々しくも
2014,2,20(火曜日) 
 
 
 
  個人情報の取り扱いについて
Copyright (c) 2007-2014 司法書士 島田雄三事務所 All Rights Reserved,